千葉・東京・神奈川の遺品整理・特殊清掃はプロアシスト東日本

タッチして電話をかける 無料お見積りフォームはこちら LINE@写メ見積り
ページトップへ戻る

遺品整理業者を選ぶにはどこを比較すれば良い?遺品整理を選ぶ際に注意して見るべきポイントについて | 千葉・東京・神奈川の遺品整理・特殊清掃はプロアシスト東日本
千葉を中心に東京・神奈川など関東一円に対応する遺品整理士認定協会が推薦する優良事業所です。

  • 千葉
  • 東京
  • 埼玉
  • 神奈川
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木

電話でのお問い合わせ お見積もり LINE@写メ見積り

お役立ちコラム

お役立ちコラム

千葉・東京・神奈川の遺品整理・特殊清掃はプロアシスト東日本 > ご遺品整理 > お役立ちコラム > 遺品整理業者を選ぶにはどこを比較すれば良い?遺品整理を選ぶ際に注意して見るべきポイントについて

お役立ちコラム

1月 29 2018年
遺品整理業者を選ぶにはどこを比較すれば良い?遺品整理を選ぶ際に注意して見るべきポイントについて

遺品整理を業者に依頼するとなると、どこの業者に依頼しようかそれぞれ比較してみるのが効果的です。

しかし、いざ実際比較するとなるとホームページの作りや強調されているポイントが違っているため、どこを見て良いのか分からなくなるということがあります。遺品整理業者を選ぶにはどこを比較すれば良いのでしょうか。

◇「料金の安さ」は比較しづらい?

遺品整理業者を選ぶ基準として「料金の安さ」を重視される方というのは多くいらっしゃいますが、依頼前の比較においてそれを比べるのはなかなか容易ではありません。
その理由は、
・ホームページの料金表はベースとなる金額しか載っていない
・遺品整理は基本料金以外のところでかかる費用が大きい
という二点です。

遺品整理業者のホームページを見てみると確かに料金表のようなものは載っていますが、多くの場合それらは「依頼時にかかる最低限の費用」であり、お品物の多さや作業環境の違いからプラスαでかかってくる料金は色々とあります。

基本代金の他にかかってくる費用を考えると、一概にホームページに載っている「料金の安さ」を比較するのは得策ではないのです。

その代り、「料金の分かりやすさ」で比較することはできます。ホームページを見たときに、料金表に記載の費用に何の費用が含まれていて何の費用が含まれていないのか、その料金体系の分かりやすさを業者ごとに比較することは可能なのです。

健全な遺品整理業者なら多くの場合、同じ部屋の大きさで同じ部屋の状態なら料金は似通ってきます。ということは、料金表に見る「料金の安さ」よりも、むしろ「料金の分かりやすさ」に関して比較を行った方が、健全な業者を選ぶ可能性は高くなるのです。

◇サービス内容における比較



料金の他に業者を比較するポイントとしては、サービス内容における比較というのも有効です。業者同士で料金が変わらないとなった場合に、重要なのはサービス内容がどちらの方が良いかということであり、同じ料金であれば良いサービスを受けたいのいうのが普通ですよね。

では、どんな風にサービスを比較すれば良いのかと言うと、ホームページ上に書かれている事よりも、相談や見積もり時にしっかりと確認する事が大切になります。
相談に関する対応で、ある程度優良かどうかを比較する事ができるはずです。

料金の見積もりは多くの人が依頼の前に行う手順ですが、見積もりを受けたら必ず依頼をしなくてはならないという業者が中にはあるかもしれません。
そのようば場合は当然、必ずしも依頼しなくてはならない訳ではありません。しかし「この場で決めてくれれば○○」などと、初めてで何もわからない方の足元を見るような交渉をする場合が見受けられます。

そうすると受けた見積もりを他の業者と比較することができず、正しい見積額なのか知ることができません。サービスを比較するなど論外になります。
さらに、見積もり額にない料金を後で追加請求されるような実態も現実にあるため、見積もりは無料でできるかどうか、見積もり後の依頼検討は可能かどうかなどについては必ず事前にチェックしておきたいところです。

優良な業者は「今すぐ決めて欲しい」などとお客様を畳み込むような真似はせず、「じっくりご検討ください」という具合に堂々としています。
そういった業者の中からしっかりとサービス内容を聞き、選ぶ事が重要です。
他社の見積り金額をしつこく聞き出し、「その金額よりお安くしますよ」などという業者は、そもそも本当にきちんとしたサービス内容で作業をしてくれるのか疑問です。

◇まとめ

遺品整理の依頼において、複数の業者を比較することは、優良な業者を選ぶために大変重要なことの一つです。
ホームページを見て分からない点があれば、事前に電話で問い合わせることや、見積もり時にしっかり確認する事を忘れないようにしましょう。