千葉・東京・神奈川の遺品整理・特殊清掃はプロアシスト東日本

タッチして電話をかける 無料お見積りフォームはこちら LINE@写メ見積り
ページトップへ戻る

遺品整理業者選びで失敗しない方法!心構えが大切です | 千葉・東京・神奈川の遺品整理・特殊清掃はプロアシスト東日本
千葉を中心に東京・神奈川など関東一円に対応する遺品整理士認定協会が推薦する優良事業所です。

  • 千葉
  • 東京
  • 埼玉
  • 神奈川
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木

電話でのお問い合わせ お見積もり LINE@写メ見積り

お役立ちコラム

お役立ちコラム

千葉・東京・神奈川の遺品整理・特殊清掃はプロアシスト東日本 > ご遺品整理 > お役立ちコラム > 遺品整理業者選びで失敗しない方法!心構えが大切です

お役立ちコラム

3月 24 2018年
遺品整理業者選びで失敗しない方法!心構えが大切です

「遺品整理なんてやったことないから、やり方が分からない。」
「業者に頼みたいけど、どの業者が良いのかわ分からない。」
このようにお悩みの方がいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、遺品整理は滅多に行うことがないため、自分で行うにしても、業者を選ぶにしてもやり方が分からなくて無理もありません。
その上、遺品整理の業界には悪徳業者がいるなんてことを聞いたことがあり、選ぶにも選べないようなことになっていませんか?
そのような方のために、今回の記事では失敗しない遺品整理業者選びの心構えをご紹介します。


◆料金表はあくまでも参考程度に

どの業者も当然のように料金表には最低価格~が書かれています。
そのためその金額を鵜呑みにして見積もりを取ると、思いもよらぬ価格を提示され、期待外れになることがあります。
したがって料金表に期待しすぎないで、自分の依頼がどのくらいかかるのかは、きちんと見積もりをとりましょう。

「電話で内容を伝える」「写真を送る」このような事だけでは、正確な見積りは出ませんので、大きなトラブルの元になります。
事情があって急いでいる場合にこそ、トラブルが起きやすいので注意が必要です。

まずは現地に業者を呼んで見せ、見積りを取ることが必須です。
その際には
・見積り自体は無料なのか
・出た見積り以外に、追加の費用が掛からないか
この2点の確認は最低限お忘れなく。


◆遺品整理の資格は誰でも取れる?

遺品整理には資格があります。
しかし、その資格は国家資格ではなく、民間の資格であることを理解しましょう。
遺品整理の資格は料金を払い、講座を受ければ取得できるものなのです。
そのため信頼度としては過剰な期待は禁物です。資格があるから安全で安心で信頼できるとは必ずしも言えません。
遺品整理の資格を持っているのは確かに大切だけれども、それ以上に本当に遺品整理のプロかどうかが大切だと思います。


◆不用品回収業者がいることも理解しておく

遺品整理は必ず必要な資格や許可が無いため、不用品回収業者が遺品整理も行っている現状があります。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、不用品回収業者にとっては遺品=不用品なので、遺品の扱いがよくない事が多いのです。
そのため不用品回収業者に頼むことはオススメしません。

しかし、遺品整理業者と名乗っている業者もたくさん存在するので注意が必要です。
見分け方としては、サービス内容を確認することです。
ホームページやチラシなどに不用品回収の項目があれば、少し怪しいと思ってください。
「トラック乗せ放題」など、よく考えれば遺品整理にはどう考えても相応しくない言葉なのですが、安く記載された費用につられて思わず電話をしてしまい、強引なやり方に断り切れず後悔される方もあとを絶ちません。


◆安さには理由がある

安い業者には必ず理由があります。
例えばサービスに自信がない。そうなれば料金を下げて、価格で勝負するという業者もいるのではないでしょうか?
そのほかにも安くするために遺品を不法投棄していたり、人件費を浮かせるために経験の浅い(無い)アルバイトを雇っていたりします。
もちろん企業努力により、安価を実現していれば最高ですが、安いからとの理由だけで業者を選ぶことはお勧めしません。


◆まとめ

遺品整理業者の失敗しない選び方をご理解いただけたでしょうか。
遺品整理業者は商品を売るのではなくサービスを売っています。

但し当然ですが、人件費や車両・交通費、処分費など、最低限掛かる費用は必ずあるのです。

安い業者は安くするために、必要なことまで削っていることが多いのです。
そういった業者のサービスは、質が高いはずもないのは言うまでもありません。

何かお困りのことがあれば当社までご連絡ください。
プロのスタッフが誠心誠意、対応させていただきます。