一般住宅の解体ならどこにも負けません!

家屋解体を住宅解体専門の業者に依頼したほうが良い理由

狭小住宅でも対応できる

Reason.01狭小住宅でも対応できる

狭⼩住宅とは、15〜20坪以下の⽐較的狭い⼟地のことを指します。
狭⼩地の解体⼯事では、重機が⼊りにくいため使⽤できる機材が限られてきます。いわゆる「⼿壊し」で解体を⾏う可能性が⾼く、多くの解体業者に断られるケースも少なくありません。
もし仮に解体⼯事を受け付けてくれてたとしても、⼀般的な費⽤よりも⾼くなる傾向があります。しかし、「住まいの解体屋さん。」では、これまで数多くの狭⼩住宅の解体を積極的に⾏ってきおり、効率よく解体する農法を蓄積してきました。
なので、狭⼩住宅の解体⼯事であっても安い費⽤でご提供させていただけます。

小規模解体でも対応できる

Reason.02小規模解体でも対応できる

⼤規模な解体⼯事だけでなく、⼩規模な⼯事(外構の解体など)や⼩さなものの撤去まで対応しております。
ご依頼者様にとってより居⼼地の良い空間にするため、どんな⼩さい箇所でも真⼼込めて施⼯いたします。
住宅の部分解体、内装の解体、不⽤品の処分や産業廃棄物の運搬など、どんな些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

解体コストを削減できる

Reason.03解体コストを削減できる

「住まいの解体屋さん。」では、お問い合わせからお引き渡しまでワンストップで⾏っております。
下請け業者を雇っていない分、中間マージンなどは発⽣しないため、どこよりも安い費⽤でご提供できると⾃負しております。⼀括⾒積りサイトに掲載している解体業者はサイトに掲載費⽤を⽀払っているため、どうしてもその費⽤を解体費⽤に上乗せせざるを得ませんが、
住まいの解体屋さん。」は直接のお問い合わせをいただいておりますので、余計な費⽤が上乗せされることはありません。

再建築不可物件にも対応

Reason.04再建築不可物件にも対応

再建築不可の物件とは、法律上、現在ある建物を壊して新たな建築ができない物件のことを指します。
建築基準法内で、「建物を建てる時は、その土地が幅員4m以上の道路に2m以上接していないといけない」という接道義務が課されており、この接道義務を満たしていない物件が再建築不可物件となります。
しかし、経験豊富な「住まいの解体屋さん。」では安全・確実に施工を行うことができますので、お気軽にお問い合わせください。いかなる場合も、近隣様への配慮を欠かさない丁寧な施工がモットーです。

プロアシストでは残置物の撤去も格安で行えます

プロアシストでは残置物の撤去も格安で行えます

多くの解体業者では、残置物の撤去ができる資格を保有しております。なので、ご⾃⾝で撤去業者を探す必要があります。
しかし、「住まいの解体屋さん。」では、優良な残置物撤去業者と提携をしており、解体⼯事と併せてご提供させていただけます。

空き家は解体したほうがいい?

空き家は解体したほうがいい?

空き家をそのままにしておくと、「近隣からの所有不動産における賠償責任が常に付きまとう」というデメリットがあります。
⼈が住んでいない家は、⽼朽化が早く、強⾵や積雪、地震の際に倒壊の危険、また、放⽕などによる⽕災など様々な損害を周囲にもたらす可能性があります。
このような損害は、所有者がその賠償責任を負う事になってしまいますので、場合によっては数千万、⼈⾝事故が発⽣した場合、数億という損害賠償のケースもございます。

空き家は解体したほうがいい?

なので、管理が⾏き届かない場合は早めの解体⼯事で、このようなリスクを避けた⽅が良いでしょう。また、⼟地の売却においても更地にしておく⽅が買い⼿が付きやすく⾼く売れる傾向がありますので、やはり、空き家は解体しておいた⽅が良いでしょう。 加えて、更地にしておくことで⼟地活⽤を考えていくことができます。せっかくの資産なので、放ったらかしにせず上⼿に運⽤できるにまずは、解体⼯事で更地にしておくことをおススメします。

プロアシストの約束

プロアシストでは解体のプロとして、お客様に寄り添い以下のお約束ごとを守ることを遵守いたしております。

01お客様の負担にならないよう、無駄を省いた適正価格でご提案。

住まいの解体屋さん。ではお問い合わせからお引き渡しまでワンストップで⾏っております。下請け業者を雇っていない分、中間マージンなどは発⽣しないため、業界最安値クラスでご提供できております。また、利益だけを優先するような余分な提案も決してせず、無駄を省いた【適正価格】をお約束しております。

02しつこい営業は一切なし。電話応対も優しく丁寧に。

住宅解体は⼀⽣に⼀度あるかないかの問題ですので、お客様でわからないこともたくさんあると思います。住まいの解体屋さん。では社員教育を徹底し、しつこい営業や横柄な態度を取ることなく、お客様のご相談やお悩みなどに対しわかりやすく丁寧にご説明することをお約束いたします。

03他社が断る難しい解体や小規模な解体までサポートします。

狭⼩・近接物件などの難しい場所や隙間のほとんどない場所の⼯事、また⼩規模な⼯事や⼩さなものの撤去まで何でもご相談ください。住まいの解体屋さん。では、他社が渋る難しい現場にも対応できる圧倒的な技術⼒があります。難しい⼯事ほど、是⾮お任せください。

ご依頼の流れ

01
お問い合わせ

お電話もしくはフォームよりお問い合わせください。担当スタッフよりご連絡させていただきます。

02
現地調査

担当スタッフが現地を訪れて、周辺環境や建物の状態などを正確に把握し、安全・安⼼な⼯事が遂⾏できるように⼊念な調査を実施いたします。

03
無料見積もり

現地調査のデータにもとづいて、お⾒積り書を作成、お客様にご提出させていただきます。解体屋さん。ではトラブルを避けるためにも⼝約束は⼀切⾏なわず、明確なお⾒積り書を無料でご提⽰します。

04
ご契約

ご提⽰しましたお⾒積書やスケジュール等にご納得いただけましたらご契約をお願い致します。こちらから無理強いするような営業は⾏いませんのでご安⼼ください。

05
官公庁へ書類提出

解体⼯事を⾏なうためには、着⼯の7⽇前までに官公庁に各種書類を提出する必要があります。届出書、別表、案内図、設計図または写真、配置図、⼯程表をしっかりと揃え、問題なく着⼯できるように事前に準備を進めさせていただきます。

06
近隣へのご挨拶

⼯事に先駆けて近隣住⺠様へのご挨拶に伺います。解体⼯事はどうしても騒⾳や振動、粉塵等をゼロにはできません。可能な限り低減させる努⼒はいたしますが、ご理解をいただくため丁寧なご挨拶回りを実施します。

07
解体工事開始

⾜場の設置や養⽣など、事前の⼊念な準備を⾏なった上で解体⼯事を開始いたします。もちろん、安全⾯にはじゅうぶんに配慮し、丁寧・慎重・確実な作業を⼼掛けておりますのでご安⼼ください。騒⾳等に関する近隣への配慮も忘れません。

08
廃棄物の処理

発⽣した各種産業廃棄物は、きちんと分別して適切な処理施設へと持ち運びます。地中埋設物を除く廃棄物の処理費⽤はお⾒積りに含まれておりますので、別途費⽤を請求することは⼀切ございませんのでご安⼼ください。

よくある質問

見積もりは無料ですか?

はい。無料です。どんな事でも、お気軽にお問合せ下さい。

現地調査や解体時に立ち会いは必要ですか?

現地調査は当社単独で行うこともできます。解体工事のお立合いは不要です。

解体工事に必要な書類の届け出はどうすればよいのでしょうか?

当社にて代行届出いたします。書類作成いたしますので、ご捺印・ご署名ください。

支払方法について教えてください。

現金、振り込み、カード払いに対応しております。

道路などが狭い場所でも対応出来ますか?

通常、作業は4tダンプ施工ですが、条件によりダンプ・軽トラ、場合によっては人力による手運びで行います。